8/4 クリエイティブ・シンキング講座 in 大阪

ワークショップ参加の企業研修講師に伺いました!
企業研修でも、楽しく学べ、変化が速い! 人事部長からお褒めの言葉も!!数多くの企業研修を実施する中、気づきを促すだけではなく、実際に変革へと導く学習法がないものかと探していたところに、アプライドインプロを学ぶ機会がありました。そして、その出会いがあったお陰で、今まで以上に、企業様の満足度を高められていると実感しています。アプライド・インプロは、

・楽しみながら学ぶため「続けたいという雰囲気がつくりやすい」

・全身を使って取り組むため「変化が速い」 など、いいところばかりです。つい先日も、企業の人事部長から「こんなに勉強が楽しいなんて思ってなかった」
と、お褒めの言葉を頂くこともできました。

ある程度のファシリテーション技術を要するため、最初の内は何度かリピートするなどの必要がありますが一度習得したら鬼に金棒です。今後、ファリテータ基礎講座、養成講座とあるようなので、マスターしたい方にはぴったりですね。研修講師でなくとも、コーチやカウンセラーの方でもセッション力の向上に役立てられるかと思います。

モチベーションプロデューサー

人材育成トレーナー

Energy Source エナジーソース

代表 高村幸治


アプライド・インプロ(応用即興演劇)とは
インプロから進化したトレーニング法です。俳優のトレーニングとして考案された数々のインプロ(即興演劇)のゲームの中には、「伝える」「受け取る」「共有する」といったヒントが散りばめられています。そして、インプロは感性を養い、コミュニケーションの能力を高める方法として、教育、医療や福祉、ビジネスなどの現場で大変注目されています。そして、インプロを応用したロールプレイングゲームスタイルのワークショップは、『AI(アプライド・インプロ)』と呼ばれています。企業研修にも取り入れられ世界中で研究されているアプライド・インプロの、世界的な研修機関のひとつにAIN(アプライド・インプロ・ネットワーク)があり、講師の樋栄ひかるさんは、この機関の日本人唯一の理事です。

優れている点とは

アプライド・インプロがトレーニング方法として優れている点は、

1.アイスブレイクに最適!

ワークショップ成功のカギは場づくりにあります。インプロゲームを通して、ごく短時間で参加者の心の壁を取り払うことができるので、積極的な参加を動機づけることができます。

2.リフレーミングが身に付き、考え方が柔軟になります。

インプロのグランドルール「Yes and」は相手のオファーを認めた上で、自分のアイディアを付け加えること。インプロを続けていると、それを普通の生活の中でも実践できるようになり、どんなことが起きたとしても、その肯定的意図とつながり、乗り越えられるようになっていきます。ゲームの中で何度も実践することで、別の違った形で身につけることができ、NLPでいうリフレーミング力も強化されます。それはまさにサーフィンのよう!

3.メタファー(比喩)としてのインプロゲームが脳を活性化!

ゲームの要素は現実のコミュニケーションで起こりうる課題の本質を、単純化したメタファーと捉えることができます。普通のロールプレイングゲームでは、つい普段の固定観念にしばられてしまいがちですが、ゲームのようなメタファーではないので発想が自由になります。その体験の中で新しい方法を発見し、現実のコミュニケーションに関連づけて考えることで気付きを得ることができます。

4.即効なのにリバウンドがない!

手軽に楽しめるので続きやすく、「ゲーム」として、インプロを楽しむ中で、普段、あまり使っていない能力が無理なく発揮でき、リバウンドがありません。

これらのことが楽しく身についていくことは、コミュニケーションを重視する仕事の方には大変役立ちます。

●応用事例としては、

・コーチング能力アップ  ・プレゼンテーション力の向上  ・対人対応能力アップ

・リーダーシップ向上   ・チームビルディング強化  ・エンパワーメント向上

・モチベーション向上 など

アプライド・インプロのコミュニケーション力向上のポイント

1.現序の自己のコミュニケーションの癖を知ることができる

2.受け入れる/受け止めるココロを養うことができる

3,自己の潜在意識とつながることができる

コミュニケーションとは言い換えると意思疎通のこと。言葉の根本にどんなメッセージがこめられているのかを真に傾聴できるためにも、まずは自分自身がどんな「メガネ」をかけているのか・・・、という自分自身のココロの癖を知ることが、より良いコミュニケーションのカギになります。アプライド・インプロは上記3つを向上させるのに、最も適した方法のひとつです。


8つのルールで、自分を極める!

『学びの目的』に応じて、以下のインプロのルールを『場のグランドルール』とし、参加者が意識的に実践できるようにデザインします。

1.Yes.and (相手/状況を)受け入れて、自分を考えを返す/ つけたす

2.Be Present
 過去や未来に囚われず『今』に集中する。そして、自分
自身がその場の『プレゼント(贈り物)』となるよう心がける

3.Listen 傾聴する

4.Co-Create 共に創ることを楽しもう

5.Make the other person look good
 相手をたてましょう

6.
Be Flexible 囚われず柔軟に!

7.Be Creative Take Risks リスクを恐れず、想像力&創造力を大切に!

8.Mistake’s a Gift 失敗万歳!失敗は大切なギフトですよ!

学びの効果を最大限に深める!

このように『学ぶ場』を創るためには参加者の目的を考慮しながら、『Teach(ティーチ)』と『Facilitate(ファシリテート)』のバランスを考えてデザインすることで、学びの質を最大限に深めることができます。

【ココロ】

1.遊び心 2.信じる心 3.好奇心 4.探求心 5.向上心

【チカラ】

1.洞察力 2.観察力 3.傾聴力 4.表現力 5.推進力 6.想像力 7.創造力

そして、更に

ファシリテーター自ら自己開示  柔軟性と素直な気持ち  手放す勇気  笑顔

相手の反応をよく観察して臨機応変に、『引出す(コーチング)』のか『教える(ティーチング)』のかを判断して、提供できるようになることは、講師などのファシリテーターはもちろん、コーチやセラピストなどの方にも重要なポイントとなることでしょう。

●講師の樋栄ひかるさんは、プレゼンテーション、ビジネスコミュニケーション、行動心理学、コーチング、英語でのコミュニケーションスキル養成など幅広いジャンルで、年間150回以上の研修・ワークショップをこなすています。受講者からの評価アンケートは毎回ほとんど100点。斬新なアイデアで次々と新しい研修プログラムを開発し、参加者の心を瞬時にとらえる研修講師として、超大手企業をはじめ、多くの企業からリピートオーダーが絶えません。

1500人集まるIT系システムユーザー・カンファレンスでも、2年連続で「最優秀講師賞(GOLD)」受賞。日本人講師としてトップ評価を得ています。

2009年3月にAIN (アプライドインプロネットワーク)アジア・カンファレンスを、事務局として開催。その後もAIN日本支部を立ち上げ、2010年9月に国際アプライドインプロネットワークの日本唯一の理事に就任されました。

株式会社 Ena Communication 取締役社長 /研修講師/パフォーマー/など

経歴から見ると、厳しいビジネスウーマンをイメージされた方もいらっしゃるかもしれませんが、とってもフレンドリー。その親しみやすい人柄から多くのファンをもっています。

著書
『Yes,andで、すべてはうまくいく!』

(幻冬舎)アーティクル掲載本
●輝く女性の生き方100 (No.69)
●夢を実現させたわたしの仕事わたしの方法
●女性が起業して自分らしく生きる

●ワークショップ内容

大まかな内容は上記で紹介した内容となりますが、具体的には、当日、参加者の希望や会場の空気から、その場に最も相応しいプログラムを提供していきます。

「その場に合わせた」「応用(アプライド)した」プログラムを提供できるかどうかが、まさに、アプライド・インプロに相応しい内容であり、連続してトップ評価を得ることができる理由と言えます。

しかも、楽しく、理論の裏付けをもって学べるところが、
アプライド・インプロ素晴らしい所でもあります。

■アップライド・インプロ1日完結ワークショップ
プレゼン力アップ』概要

【 日 時 】 2012年8月4日(土)10:00am~5:00pm

【 内 容 】 プレゼン力アップに、アプライド・インプロを応用したセミナーです。

【受講費】 1万8千円※税込


      《8月4日(土)》 クリエイティブシンキングWS
        1万8千円[早割り:1万6千円(7月20日(金)まで)]※税込

【会場】南船場会館3F(大阪市中央区南船場3-7-12)

《アクセス》地下鉄御堂筋線「心斎橋駅」1号出口より3分

大きな地図で見る

【 講 師 】 樋栄ひかる さん(研修講師)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>